経験で違う優勝をしてトロフィーを授与された時の喜び方

優勝したことがただうれしくて、表彰台でトロフィーを受けとりながらはしゃいでいるスポーツ選手を見かけることがある。どちらかというと子供と言われる年齢の選手にその傾向は多く、無邪気に喜んでいる姿がかわいらしさをひきたてていく。反対に優勝トロフィーを涙ながらに受け取りながら声を出さず喜びをかみしめるスポーツ選手は、長い競技生活を送っている選手の中でも年長に入るタイプが多い。若い時には当たり前のように勝ち続けていた選手が、年を重ねるうちに体力が追い付かなくなり、若手に負けてしまうことがよくある。同じことができなくなり、スランプに陥りトップ選手の地位を新しく台頭してきた選手に明け渡してしまう。弱肉強食の世界であるから仕方がないが、それでも努力を重ね再びトップに返り咲く場合も目にすることが多い。努力は報われる、そんな言葉を身を持って実践している姿とも言える。体力の衰えはスポーツ選手にとって避けられない現実である。プロとして活躍をしていてもいつかは引退をしなければいけなくなる。負けが続きあっさりと引退する選手もいれば、あきらめないでしぶとく頑張る選手もいる。どちらが良いとは他人からは言えないが、往年の選手が若い選手を倒し再び優勝をさらう姿を見るのはやはり痛快なものである

トロフィーがもたらす優勝への信念

表彰台に登る事が出来れば、その時点でトロフィーを得る事が出来ます。もちろん、目指すのはその表彰台の頂点であり、そこで手に入る優勝カップでしょう。その証明となるトロフィーを巡って、多くの選手達がしのぎを削って頑張っているのです。もちろん、そのカップ自体の価値よりも、それを手に入れると言う事自体が、何よりも尊いと言う意味です。そこに向かう事の素晴らしさ、一つの事を達成しようとする信念の尊さの方が、よほど重要であると言う事が出来ます。優勝者にはもちろん、他の人とは比べ物にならない様な、素晴らしいシンボルを手に入れる事が出来るでしょう。そして、それにはその大会で頂点に立ったという事実がしっかりと記されているのです。それを何時でも見える所に飾っておく事で、その時の自分の凄さ、勇気、そして信念の強さを思い出す事が出来るでしょう。もちろん、それを達成した本人だけではなく、周りの仲間達やそれを見ていた人達も触発をされ、その後の人生に大きな影響を受ける事になります。スポーツでも何でも、こういった事があるから、一つの事を競う事には大きな意味があるのです。優勝した人がトロフィーを受け取る姿を、どんな時でも注目しておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*